分搗き米とは、精米の際に糠や胚芽を残して精米するお米のことです。「玄米は苦手だけど栄養や食物繊維は摂取したい」「玄米派と白米派が家庭内に両方いるので間を取って」「もともと分搗き米の風味が好き」・・・当店ではこの様なお客様方に分搗き米が選ばれています。画像の様に数字が大きくなるほど白米に近くなります。うるち米の商品ページで精米歩合をお選び頂けますので、お好みに合わせてお試し下さい。

白米

玄米から糠層を全て取り除いた状態。玄米に比べて消化吸収が良く、お米の甘みや食感を楽しめます。品種や気候に合わせて削り加減を調整することで、白米の旨味をしっかりと残す精米を心がけています。

七分搗き

糠層を約70%除去し、胚芽が一部残った状態。初めて分搗き米を召し上がる方は、こちらがおすすめです。食感や味は白米とほとんど変わらないまま、胚芽の栄養を摂取できるのが嬉しいですね。

五分搗き

糠層を約50%除去し、胚芽も半分程度残った状態。玄米よりも消化吸収が良く、食べやすくなります。栄養価を残しつつ、玄米の香りと白米の甘みを両方味わえるのがおすすめポイントです。

三分搗き

玄米の表皮を約30%除去し、胚芽が残った状態。栄養価は十分含まれており、香ばしさもあります。玄米よりは少しだけ柔らかいですが、よく噛んで召し上がって下さい。

玄米

籾殻を取り除いた状態。ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれており一番栄養価が高いです。調理方法は諸説ございますが、最低でも一晩はしっかりと浸水させてあげて下さい。白米よりも消化に時間がかかりますので、お子様やお年寄りの方が召し上がる際にはご留意下さい。